出会い・恋活

結婚破棄のどん底から復縁を成就させる5つの方法

結婚破棄のどん底から復縁を成就させる5つの方法

「婚約破棄した彼のことが忘れられない」「彼以外との結婚は考えられない」、、、婚約破棄からの復縁は難しいとは分かっているだけに、つらいですよね。

しかし、婚約破棄の原因に応じて適切に対処すれば、婚約破棄からの復縁成就の可能性がアップすることを、ご存知でしたでしょうか?

婚約破棄の原因と正面から向き合い、結婚ではなくまずは復縁を目標にしてアプローチすれば、復縁成就、さらには幸せな結婚まで叶えることができるのです。

そこで今回は、婚約破棄からの復縁成就のために知っておきたい、婚約破棄のよくある原因や復縁をスムーズにするコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

婚約破棄のよくある理由

彼から突然婚約破棄されても、すぐには原因が思い浮かばないという方もいますよね。

そこで、婚約破棄の原因となりうる女性側の言動と、考え方のパターンについてお伝えします。

婚約破棄の彼女側の原因

・彼氏への甘えや依存
・婚約した安心感による自分勝手な言動
・結婚生活への過度な不安

婚約すれば「もう彼に裏切られることはない」と思い込み、わがままな言動で彼氏を疲れさせてしまう女性は少なくありません。

また、結婚に向けた準備が始まり結婚生活が現実味を帯びてくると、程度の差はあれ不安な気持ちになるのは仕方のないことです。

しかし、このようなあなたの慢心や不安感が彼のストレスとなり、婚約破棄されてしまうこともあるのです。

相手から婚約破棄されたという現実を受け入れ、まずはこれまでのご自身の言動を振り返り、自分に非があればそれを素直に認めましょう。

復縁は慎重に!相手が原因の婚約破棄

男性でも女性と同様に、結婚後の家族への責任が大きくなることへの不安などからマリッジブルーになる方もいますが、婚約破棄の彼氏側の原因で一番多いのが婚約中の浮気です。

また、男性の中には、結婚後は自由に使える時間やお金が減ってしまう、まだ結婚は早いのではないかといった自分勝手な理由で、婚約破棄を口にする方もいます。

つまり、男性の方が独身生活への未練が大きく、何かと負担の大きい結婚から逃げたいという気持ちが強いのです。

そのため、浮気をはじめ彼氏側に原因のある婚約破棄の場合は、あなたが復縁を望んでいいても難しいケースが多いですし、実は婚約破棄して正解というケースもあります。

彼氏にいくら素敵な面があってあなたが彼氏を嫌いになれないとしても、身勝手な理由であなたや周囲の人を傷つけるような方なら、復縁は考え直した方が賢明でしょう。

婚約破棄になる前に!話し合いで乗り越えられる結婚のハードル

どちらかに明確な原因がある婚約破棄だけではなく、お互いやお互いの家族の間の習慣や価値観の相違が、相手への不信感となり婚約破棄に至るケースも多いです。

そこで、婚約破棄の原因となりうる様々な問題についてお伝えします。

いつの間にか不和に!婚約破棄の原因

・金銭感覚の違い、借金やギャンブルの発覚
・相手の家族への不満、馬が合わない
・家柄の違い
・収入減、転職など仕事がらみの問題
・病気になった

金銭感覚の違いやお互いの家族への不満など、長期的に見て結婚生活に影響しそうな問題はすぐに婚約破棄にしてしまうよりも、お互いがしっかり話し合って解決すべき問題です。

一方で、健康状態や仕事関係の悩みがあり、相手の負担になりたくないという気持ちから婚約破棄を申し出る方もいます。

しかし、あなたと彼氏の間の愛情が確かなものであるならば、まずは冷静になって話し合うことが大切です。

婚約破棄は想像している以上にエネルギーのいることですから、まずは現状を整理して、二人でじっくり話し合う時間を持ちましょう。

スポンサーリンク

婚約破棄からの復縁成就のコツ

あなたの言動が婚約破棄の原因となった場合は、婚約破棄の一因である自分の未熟さを受け入れ、相手にも責任があると思わないことが復縁成就への第一歩です。

そこで、婚約破棄の原因があなたにある場合の復縁で、心がけるべきことについてお伝えします。

自分が原因の婚約破棄からの復縁のコツ

・婚約破棄の原因を知り、反省する
・3カ月以上の冷却期間を置く
・結婚ではなく、まずは復縁を目標とする
・自分の未熟さと向き合い、自分磨きをする
・相手の立場を第一に考える習慣をつける

ご自身に原因がある場合は十分な冷却期間を置き、相手の感情を考慮しながらじっくりアプローチしていきましょう。

両親を説得する効果的な方法

婚約破棄は、本人だけではなく両親や家族にとってもショックな出来事です。

婚約破棄の状況やご両親の考え方にもよりますが、悲しみよりも、面目をつぶされた、恥をかかされたことに対する怒りでいっぱいになる方も少なくありません。

一方で、実はご両親があなたと彼の結婚をあまり歓迎していなかったのならば、婚約破棄になって内心ほっとしている可能性もあります。

どのようなケースでも、復縁後に再度婚約して結婚まで至るためには、両親を説得しなければなりません。

そこで、復縁後に両親を説得する際のポイントについてお伝えします。

両親を説得する方法

彼氏と復縁しても、すぐには直接報告しない

ご両親にも気持ちを落ち着かせるための時間が必要です。

直接言うのではなく、何気ない言動で復縁したことをさり気なくアピールしておきます。

両親が何となく復縁に気づいた段階で話す

「あの人、どうしてるの?」「連絡とってるの?」などと、彼氏の近況を訊かれたタイミングで、直接報告する場をセッティングします。

話したいことを箇条書きにしてまとめておく

婚約破棄で迷惑をかけたことに対する謝罪、復縁に至った理由、二人の将来についての決意などを盛り込みます。

実際に話す時は、二人の真摯な気持ちが伝わるように、落ち着いて話します。

決して反論しない

両親に何を言われたとしても受け止め、反論してはいけません。

傷つくことを言われても、「両親も傷ついているのだ」と言い聞かせ、カっとして怒鳴ったりしないようにしましょう。

あなたのご両親も彼のご両親も、結婚については大先輩ですよね。

ご両親が復縁を反対する背景には、子供の幸せを願う気持ちはもちろん、子供の結婚に対する考えの甘さへのいら立ちなど、経験者だからこそ分かる複雑な感情があります。

ご両親の心情にも理解を示しながら、二人の覚悟を真剣に伝えましょう。

まとめ

婚約破棄の原因と復縁成就のコツ、両親の説得法などをお伝えしましたが、いかがでしたか?

婚約破棄からの復縁は、結婚を前提とした復縁であること、周囲の方を巻き込んでいるという2つの点で、一般的な復縁よりも困難であることを覚悟しなければなりません。

婚約後に結婚生活への不安に襲われたり、相手への感情が変化したりするのは決して特別なことではないのです。

婚約破棄に至る前に、二人で悩みや不安を共有し、必要であれば周囲の人にも相談して乗り越えていくことが重要です。

今回お伝えした内容を参考にして、婚約破棄の原因と素直に向き合い、ご両親を説得して復縁を叶えてくださいね。

記事のポイントまとめ

・彼女の慢心や将来への不安は婚約破棄の原因になる
・彼氏の浮気が原因の婚約破棄からの復縁は慎重に
・お金や価値観の問題は婚約破棄の前に話し合いが大切
・まずは結婚ではなく復縁成就に向けて行動する
・復縁後の両親の説得には十分な準備が必要

-出会い・恋活
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ