出会い・恋活

好きな人と目が合うときの相手の心理とチャンスの活かし方7つ

好きな人と目が合うときの相手の心理とチャンスの活かし方7つ

好きな人と良く目が合う気がする…という経験をしたことがありますよね。

好きな人と目が合うことはやはり嬉しいことですが、目が合うことにもいろいろな意味があることをご存知でしたか?

その意味を取り違えたまま好きな人の関係を続けていくと、成就する恋愛も成就しない可能性が出てきますから、好きな人と目が合うときの対応を知っておきたいですね。

そこで好きな人と目が合うときの相手の心理とチャンスの活かし方について、具体的な例を併せてお伝えします。

スポンサーリンク

ただ視線の先にあなたがいた場合

残念な例ですが、職場や学校なら、位置的に好きな人の視線の先にいると好きな人と目が合いやすくなります。

しかしここで諦めるのではなく、好きな人と目が合うのですからその都度ポジティブなリアクションをしていると好きな人の自分に対する印象が良くなります。

ポジティブなリアクションの例

・自然な笑顔を返す
・見つめ返す
・話しかける

ネガティブなリアクションの例

・目を逸らす
・迷惑そうな表情をする
・睨む(目の悪い人は気を付けましょう)

好きな人と目が合うことがすでに恋愛のチャンスが巡ってきていますから、目が合ったときこそポジティブなリアクションを心がけましょう。

好きな人と目が合うとき:用事があってタイミングをうかがっている

これも相手は自分のことを好きではない可能性がありますが、何かを頼みたくて話しかけるタイミングを計っているようなときはやはりその人のことをじっと見ますから、好きな人と目が合うことがありますね。

このようなときも諦めずにポジティブなリアクションを返して、好きな人の自分に対する印象を良くしておきましょう。

好きな人と目が合う回数が増えてくるようなら、好きな人が自分のことを気にしている証拠ですよ。

好きな人と目が合うとき:あなたと一緒にいる人に好意を持っている

いつも一緒にいる人がいる場合その人に対して好きな人が好意を持っているときも、好きな人と目が合うことがあります。

「なんだ私じゃなかったのか」とガッカリしてしまいそうになりますが、男性は女性の態度をよく見ていますから、自分じゃなかったといじけて態度に出しているとそれも見られて印象が悪くなってしまいます。

ですから、自分を見たくて目が合っているのではないのだなと思っても、大人の振る舞いとして目が合ったら自然なポジティブなリアクションを取り、印象を上げる努力をしておきましょう。

好きな人と目が合うとき:あなたに好意を持っている

好きな人と目が合うとき、好きな人もあなたに好意を持っている可能性があり、まさに恋愛のチャンス到来の状態です。

先述したポジティブなリアクションを取り続けるのはもちろん、自然に関係を少しずつ深めていくと良いですね。

目が合うところから、たわいもない会話をしてみましょう。

目が合うこと、会話を交わすこと、職場でも学校でもいいので会う回数を増やしていくと、無理せずに好きな人との関係を深めることができますよ。

スポンサーリンク

遠くから見つめてくる好きな人と目が合うとき:状況的に気になっている

目が合うときは近くにいるときだけではなく、好きな人に遠くから見つめられて目が合うこともあります。

勘違いしやすいのですが、目が合うということは自分が彼を見ていて、彼は自分の「方向」を見ているかもしれないということです。

ですから、好きな人が自分の方向で大きな音がした、着ているものや持っているものが目立つなど気になることがあってただ見ている場合もあり、好意があるわけではないときもあります。

こんなときも落ち込むことなくポジティブなリアクションを取りましょう。

距離が遠いので自然な笑顔が良いですね。

遠くから見つめてくる好きな人と目が合うとき:自分に気づいてほしい

先述したような「変だと思われて見つめられる状況」でないときは、好意があるかどうかは別にして、用事があったり自分に気付いてほしかったりして見つめていて、好きな人と目が合うことがあります。

このような時もポジティブなリアクションを取り、会えて嬉しいという気持ちを表現しましょう。

好意をこちらから自然に表現することで好きな人の自分に対する印象が良くなり、恋愛に発展する可能性もあるからです。

遠くから見つめてくる好きな人と目が合うとき:あなたにかなり好意を持っている

好きな人がいたらやはり気になって目で追ってしまいますよね。

ですから好きな人がいつも遠くからも見つめてきて目が合うときは、あなたにかなり好意を持っている証拠です。

もちろんポジティブなリアクションを返し、関係を深めていくと恋愛を成就することができますよ。

まとめ

好きな人と目が合うときの相手の心理とチャンスの活かし方について、具体的な方法を併せてお伝えしましたがいかがでしたか?

やはり人は自分が受け入れられていると感じられることが安心感を覚えますし嬉しいので、好きな人と目が合うときは、相手がどういうつもりかは置いといてポジティブなリアクションを返しましょう。

「感じのいい女性」を印象付けることで、好きな人と自分の距離が少しずつしかし確実に縮まってきますよ。

好きな人と目が合うことを恋愛のチャンスととらえて、ポジティブなリアクションを返し、幸せな恋愛を引き寄せましょう。

-出会い・恋活
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ