恋愛テクニック

恋愛自体が気持ち悪いと感じる男性の5つの心理と上手な付き合い方

恋愛自体が気持ち悪いと感じる男性の5つの心理と上手な付き合い方

好意を持っている男性と話していて、彼から「恋愛自体が気持ち悪い」と打ち明けられたら、あなたはどうしますか?

それでその人への思いを諦められるわけもありませんし、だからといって強引に恋愛関係を迫れば完全に嫌われてしまうかもしれません。

ですが、恋愛に対して拒絶反応の強い彼の心を解きほぐして、じょじょに2人の関係を近づけていく方法があるとしたらいかがでしょう?

そこで今回は、恋愛そのものが気持ち悪いと感じている男性に、上手に付き合いながらあなたの恋心を伝え、恋愛を成就させるための方法をお伝えします。

まずは彼が恋愛に嫌悪感を抱くようになった原因を見つけましょう

その原因によっては、あなたの情熱だけでは彼の心を開かせることは難しいかもしれません。

ですが、本当に彼を思う気持ちがあるなら、時間と労力をかけてでもぜひ彼に恋愛の楽しさを思い出させてあげてください。

彼が恋愛自体を気持ち悪いと思う理由。考えられる5つの原因

過去に深い心の傷を負うような失恋経験がある場合

過去に彼にも思い焦がれた人がいて、その人に告白した際に強烈な言葉や態度で拒絶されてしまったことにより、心に深い傷を負っているのかもしれません。

過去に付き合った女性が、あらゆる意味で最悪だった場合

たとえば、過去に付き合った女性がひどい暴言で彼を傷つけたり暴力的だったりして、あらゆる意味で最悪だったため、二度と恋愛などしたくないと思っている可能性はあります。

肉体的な問題で、女性との性的関係に自信が持てない場合

過去に女性との性的関係で何度か失敗してしまい、自分に自信を失っている場合、女性から遠ざかっているうちに、恋愛そのものを嫌悪するようになることもあります。

幼少期の母親の影響など、家庭環境からくる事情の場合

両親の存在や育った家庭環境はその人の恋愛観に大きく影響することがあり、モラルや教育に過剰に厳しく過干渉気味に育てられた場合には、潔癖症から恋愛に嫌悪感を抱くこともあります。

恋愛が気持ち悪いというより、異性である女性との関係に嫌悪感がある場合

はっきりと同性愛者だという自覚はなくても、女性との恋愛に嫌悪感がある場合、あなたの恋心が叶う可能性が低くなりますが、けっしてゼロではありません。

彼の感情を悪戯に刺激しないようにあなたの誠実な思いを伝えることによって、彼の信頼を得ることはできるはずです。

そして、どんなに頑なな彼の心も日常的に女性と気分良く接することができれば、恋愛の素晴らしさにあらためて目覚めるかもしれません。

ただし、中には専門的なセラピーなどが必要なケースもあるかもしれませんので、そのときは慎重に対応するようにしましょう。

あなた自身の失恋の経験と彼の失恋の記憶をシェアしてみる

もし彼が恋愛を気持ち悪いと思うほどの、あまりにも辛い失恋を経験しているのなら、まずはそのネガティブな心理状態から解放してあげることです。

心の傷を癒すために有効な方法の一つとして、同じ経験をした人とそのときの辛い思いを分かち合うことは、グループカウンセリングなどでもよく利用されています。

彼ほど悲惨な失恋経験ではなかったにしても、傷ついたあなたの気持ちを素直に話して聞かせることで、まずは友達として彼との距離を縮めてみましょう。

最初の段階では男女を意識せずに、同じ経験をシェアできる仲間となることが大切で、新しい恋愛を誘うような性急な真似はしないでください。

恋愛への嫌悪感がまだ根強く残っている彼が、それによって再び心を閉ざしてしまう可能性があるからです。

傷ついた気持ちをシェアすることで彼から共感を得られれば、次へのステップへと進むための大切な足掛かりとなるはずなので、けっして焦らないでくださいね。

過去の辛かった女性との記憶を楽しいものに塗り替えてあげる

もし彼が過去に最悪の女性と悲惨な恋愛関係にあって、そのときのトラウマで女性不信になっているとしたら、その呪縛から解き放たれなければ次の恋愛を考えるのは難しいでしょう。

ですが、少なくとも一度は女性と恋愛関係になった経験もあるわけですから、心の中の切り替えさえうまくいけば、再び恋愛と向き合うことは可能ということです。

失恋と同じく、心に深い傷を負った彼の女性不信を取り除き、恋愛が気持ち悪いものだという感覚を忘れ去るのは一朝一夕で叶うことではありません。

彼が経験した恋愛の苦しみを一つ一つ新しい記憶に塗り替えていく必要があります。

彼との日常の何気ない言葉や行動に配慮して、女性への警戒心や不信感を取り除いていくことで、やがては嫌悪感も薄れていくことでしょう。

そして、あなたと新しく楽しい記憶を丁寧に紡いでいくことで、女性が優しく愛しい存在であることを思い出させてあげることです。

誠実な思いがありさえすれば、彼もいずれは安心してあなたへの信頼を深めてくれますよ!

性的な接触よりも精神的な関係を求めていることを伝える

肉体的かつ性的な悩みは究極にプライベートなものですから、容易に他人が踏み込むわけにはいきません。

彼に性的な悩みがあるのかを直接たずねることはできなくても、指先が触れ合っただけで彼が大きく身を引いたり、顔を近づけただけで体をのけぞらしたりするようなら、その可能性は高いと考えられるでしょう。

そんなときはもし彼と友達より少し先へと進みそうな予感があっても、一気に恋人として振る舞うのは控えましょう。

そして、性的な関係よりも精神的な繋がりを大切に考えていることを伝えてみてください。

彼とさまざまな経験を気持ちのうえで共有することが一番だと考え、肉体的な接触はその延長上にあるものとして、あなた自身が制御して付き合っていかなければなりません。

男として積極的に行動してくれない彼に苛立ちを覚えることもあるかもしれませんが、彼の心を開くにはどうしてもある程度の時間が必要となるでしょう。

潔癖な部分を必ずしも否定せず肯定的に評価する

厳しすぎる両親の教育や、生まれ育った家庭環境で潔癖になりすぎてしまった彼は、恋愛という行為がどこか汚れたものだと感じているのではないでしょうか?

自分自身では意識していなくても、恋愛モードになると女性から引いてしまうのは、「女=母親」という心理が働いて、自分の心に歯止めをかけてしまっている可能性もあります。

本人もそんな感覚に戸惑いながらも、いつしか恋愛ばかりか結婚も諦めてしまったのかもしれません。

潔癖症な部分を否定されると、彼は自分ばかりか家族や家庭に対しても否定されたように感じてしまい、ますます恋愛に対して萎縮してしまいます。

なので、潔癖であったり、恋愛が気持ち悪いという感覚は特別なものではなく、誰でもそんなふうに感じるときはあると同意して肯定してあげる気持ちが必要です。

そのうえで、恋愛によって得られる楽しみや喜びがあることを知るようになれば、彼も少しずつ考えを変えてくれるでしょう。

性別を超えた部分で理解し合える関係について話し合ってみる

恋愛が気持ち悪いというより、女性との恋愛関係に心を閉ざしてしまっている人もいるかもしれません。

たとえば、異性ではなく男友達や同性と一緒にいるほうが心地よく感じられて、女性の存在をあまり必要だと感じていない人もいるでしょう。

同性愛者であるかどうか本人も意識しないボーダーラインにいる男性にとって、女性がどんなに恋愛のアプローチをしてきても、なかなか心を開くことはできないでしょう。

もし彼が同性愛者であることに目覚めたなら、もはや恋愛の可能性はかぎりなくゼロに近く、良い友人としての関係を築くしかありません。

ただし、彼が同性と異性のどちらとも恋愛関係を持てるバイセクシュアルな性的指向の持ち主であった場合は、今後のあなたとのかかわり方次第で恋愛関係に発展する可能性も残されています。

この場合、まずは性別を超えてお互い人間として理解し合い信頼し合えるかを確認したのちに、じょじょに恋愛に変化していくことになるでしょう。

まとめ

恋愛自体が気持ち悪いと感じている男性の心理を考察し、あなたの思いを上手に伝えて彼氏との距離を縮めるための接し方をお伝えしましたが、いかがでしたか?

恋愛が気持ち悪いと思っている理由はさまざまですが、一度そういう心理になった彼の心を解きほぐすためには、どうしてもある程度の時間が必要となります。

焦って強引な手段を取ると、かえって彼の心を頑なにしてしまうこともありますので、くれぐれも言動には注意してください。

ただし、あなたの彼を思う誠実な気持ちや態度はいずれ伝わるでしょうから、諦めずに時間をかけて彼との関係を構築してくださいね。

記事のポイントまとめ

・あなた自身の失恋の経験と彼の失恋の記憶をシェアしてみる
・過去の辛かった女性との記憶を楽しいものに塗り替えてあげる
・性的な接触よりも精神的な関係を求めていることを伝える
・潔癖な部分を必ずしも否定せず肯定的に評価する
・性別を超えた部分で理解し合える関係について話し合ってみる

-恋愛テクニック
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ