出会い・恋活

幼馴染との恋愛が上手くいかない5つの理由と長続きさせる方法

幼馴染との恋愛が上手くいかない5つの理由と長続きさせる方法

漫画やドラマなどでは定番の「幼馴染との恋愛」、芸能人やスポーツ選手が幼馴染と結婚したという話題を耳にすることもありますよね。

フィクションではハッピーエンドを迎える幼馴染との恋愛ですが、幼馴染という関係性が幼馴染との恋愛成就を困難にしていることを、ご存じでしたでしょうか?

幼馴染のメリット・デメリットを理解し、メリットを存分に活用し、さらにデメリットへの対策を行うことで、幼馴染との恋愛を成就させ、関係を長続きさせることができるのです。

そこで今回は、幼馴染との恋愛が上手くいかない理由と、幼馴染との恋愛が上手くいくコツをお伝えします。

スポンサーリンク

幼馴染との恋愛が難しい4つの理由

幼馴染との恋愛は、漫画をはじめフィクションの世界ではよくありますよね。

しかしながら、現実では次のような理由があるため、幼馴染と恋愛関係に発展することは難しいのです。

幼馴染と恋愛関係になりにくい理由

・相手について子供の頃からよく知っている
・異性であることを意識されにくい
・気楽に付き合える関係なので、ムードやドキドキ感が出しにくい
・これまでの関係が壊れてしまうことを恐れ、告白できない

子供の頃から多くの時間を一緒に過ごしてきた間柄である幼馴染の、気楽に付き合えるというプラスの面が、恋愛ではマイナスに働いてしまう可能性もあります。

また、家族ぐるみの付き合いの場合も多いため、恥ずかしさからご自身の気持ちを隠してしまい、そのままになってしまうことも多いのです。

これからお伝えする、幼馴染ならではの関係性を活かしたアプローチ法を参考に、幼馴染との恋愛を成就させましょう。

幼馴染との恋愛の5つのメリット

相手と気まずくなりたくないなどの理由から、気持ちを伝える前に諦めてしまいがちな幼馴染との恋愛ですが、一度恋愛関係になってしまえば、様々なメリットがあります。

そこで、幼馴染との恋愛のメリットについてお伝えします。

幼馴染との恋愛のメリット

・共通点が多く、話題が絶えない
・似た環境で育ってきたため、共感できることが多い
・余計な気を遣わなくて良い
・遠慮せずに言いたいことを言える、喧嘩慣れしている
・家族が応援してくれる

恋愛は楽しさや充実感もたらしてくれるものですが、自分の気持ちを抑えて相手に合わせたり、相手の本心が分からずに思い悩んだり、つらさや面倒くささを感じる側面も多々あります。

しかし、相手が幼馴染であれば、お互いがお互いのことをある程度分かっていますから、我慢や背伸びの必要がなく、自然体で付き合うことができます。

さらに、家族のサポートを得やすいため、結婚を意識している方にとっては、非常に心強いですよね。

メリット豊富な、幼馴染との背伸びしない恋愛・結婚を叶えるために、これからお伝えするアプローチ法を実践してみましょう。

幼馴染に効果的な4つのアプローチ法

幼馴染との関係を男女の関係に変化させるためには、思い切ったアプローチが必要です。

そこで、幼馴染の意識を変える効果のあるアプローチ法をお伝えします。

幼馴染へのアプローチ法

相手に異性であることを意識させる

軽めの恋愛相談をする、相手の恋愛についてさりげなく聞き出すなど、積極的に恋バナをしてみましょう。

二人きりでいつもとは違う場所で過ごす

幼馴染の誘いやすさ活かし、いつもなら二人きりでは行かないような場所に誘ってみます。

映画や話題のお店、イベントなどいわゆるデートポットを選ぶのがおすすめです。

相手と一緒に計画を立てれば会話も弾み、相手の意外な面が見えることもありますよ。

ギャップや女性らしさを見せる

幼馴染は、あなたのことを子供の頃のイメージを通して見ています。

そこで、メイクやファッション、ちょっとしたしぐさや言葉遣いなどで大人の女性らしさを意識させれば、あなたへの相手の評価は大きく変わってきます。

好意を匂わせる

「一緒にいると楽しい」など、普段からあなたの好意をさり気なく伝えておきます。

また、相手の好きなタイプに沿ったファッションや振る舞いなどを意識すれば、相手があなたの好意に気づきやすくなります。

幼馴染同士の気楽な関係から抜け出し、相手に異性として意識してもらうためには、女性らしさ、子供の頃とは違う成長した自分をアピールすることが大切です。

さらに、異性として好意を持っていることをさり気なく相手に伝え、自分を意識してもらうきっかけにしましょう。

スポンサーリンク

告白・告白後の注意点2つ

先程お伝えした方法でアプローチを続け、相手もあなたを異性として見てくれるようになったら、いよいよ告白です。

相手もあなたに好意を持っていた場合は、相手から告白されることもありますが、そう上手くはいかないことも多いですよね。

そこで、幼馴染への告白のコツをお伝えします。

告白のコツ

素直な気持ちを、飾らない言葉で表現する

あなたのことをよく知っている幼馴染は、あなたの嘘やごまかしに敏感です。

素直な気持ちを自分らしい言葉で、はっきり伝えましょう。

返事がNOでも諦めない

告白の返事を保留されたり、その場でNOと言われたりしても、すぐに諦めることはありません。

相手にあなたのアプローチが上手く届かず、幼馴染が混乱している可能性もあります。

「今の冗談だから」などとごまかしたり、落ち込んだりせずに、しばらく様子を見て相手の反応を待ちましょう。

これまで異性として意識していなかった異性から突然告白されたら、誰だって驚きますよね。

告白は、幼馴染に「あなたに異性として好意を持っている」ことをはっきり伝える唯一の方法ですから、告白をきっかけに、幼馴染があなたに異性として興味を持ってくれる可能性もありますよ。

幼馴染との関係を深めたい方、これまでの関係を変えたい方は、出来る限りの準備をした上で、告白してみましょう。

幼馴染との恋愛を長続きさせる3つのコツ

幼馴染との恋愛を長続きさせるためには、幼馴染というアドバンテージを最大限に活用しながら、それに頼り過ぎないことが大切です。

そこで、幼馴染との恋愛を長続きさせるために、注意したいポイントをお伝えします。

幼馴染との恋愛関係を長続きさせるコツ

相手のことを全て知っていると思わない

子供の頃から知っているからと言って、彼の全てを理解しているということはありません。

成長と共に価値観や好みなどは変化していくものですから、今の彼をしっかり理解しようとする姿勢が大切です。

ドキドキ感をプラスしてマンネリ化を防ぐ

どんな経緯で付き合い始めたカップルにもマンネリ化はつきものですが、幼馴染は特に注意が必要です。

気楽に過ごすのも良いですが、ドキドキする、恋人らしい過ごし方を工夫してみましょう。

親や家族にオープンにし過ぎない、過干渉させない

二人のことを理解してくれている家族は大切な存在ですが、あまり干渉して欲しくないことがあれば、はっきり伝えましょう。

幼馴染関係は、過去の記憶だけで維持できる関係ですが、恋愛関係はそうはいきません。

常に今、そして未来にスポットを当てて、お互いを思いやりながら、新しい体験を積み重ね、仲を深める努力をしていきましょう。

まとめ

幼馴染との恋愛がうまくいかない理由とその対処法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

幼馴染特有の気楽さが、幼馴染との恋愛関係への発展を難しくしている可能性があり、マンネリ化の原因にもなっています。

一方で、経験や価値観における共通点が多い、家族の協力を得られやすいなどのメリットもありますから、それらを活かしながら、幼馴染ではなく恋人としての新たな関係を構築していく必要があります。

今回お伝えした内容を参考にして、幼馴染と素敵な恋愛を楽しんでくださいね。

記事のポイントまとめ

・関係の深さが恋愛の障害に
・自然体で付き合える関係が魅力
・異性を意識させるアプローチが効果的
・告白後も諦めない
・マンネリ化と家族の過干渉対策で長続き

【タイトル】

【検索結果見出し】

【SEOキーワード】

-出会い・恋活
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ