男性の心理

彼氏にヤキモチを焼いてしまう!男子のNG言動5つ

彼氏にヤキモチを焼いてしまう!男子のNG言動5つ

大好きな彼なのに、ときにはヤキモチでハラハラさせられてしまうことってありませんか?

彼が他の女性と親しそうにしているのを見れば嫉妬するのは当然ですが、嫉妬心を持て余して喧嘩になるのは嫌ですよね。

ですが、黙って我慢ばかりしていてはストレスが溜まって、ますます2人の感情がもつれてしまうかもしれません。

そこで今回は、あなたがヤキモチを焼いてしまいがちな男性のNG言葉と行動について、日常の簡単な対処法とともにお伝えします。

スポンサーリンク

まずは男性が行いがちなNG言動について考えてみましょう

人によってはまったく気にならない言動もあなたにはNGということもありますし、またその反対もあるものです。

彼氏がそういった女子ならではの心理に気づかず、うっかりとあなたの気持ちを乱している可能性があります。

男子がうっかり行ってしまう5つのNG言動

他の女性を褒めてしまう

男友達や仕事関係でしか付き合いのない人を褒める言葉を聞いても、それほど心をかき乱されることはありませんが、恋愛対象となる年齢の女性への褒め言葉はヤキモチに繋がりやすいでしょう。

他の女性と気軽に食事をする

たとえ忘年会や歓迎会などで大勢が集まる場であっても、職場や学生時代からの友人の女性が彼の横に座り、必要以上に親しげにしているところを見聞きすれば心穏やかではなくなりますよね。

他の女性の悩み相談を受けてしまう

友人の女性から悩み事を相談されて何度も顔を合わせていたり、ときには2人きりで話し込んでいるところを見かければ、それをきっかけに一線を越えてしまうのではないかと心配になって当然です。

他の女性にプレゼントを買ってしまう

世話になった人や会社の女性の同僚にプレゼントを渡す機会はあるかもしれませんが、プレゼントのチョイスと渡し方に関して、恋人への配慮を忘れてしまう人もいるので注意が必要です。

女性に限らず、他の人に不用意にスキンシップをしている

たとえば実の妹や男友達であれば、彼は当たり前のようにスキンシップをしているかもしれませんが、すぐそばでそれを目撃したら恋人としては複雑な心境になるときもあります。

「他の女性」というのがどういう女性かによって、まったく気にならないときと猛烈に嫉妬心をかき立てられる場合があるでしょう。

たとえば、「元カノ」であれば絶対許せないと思うかもしれませんし、「姉」や「妹」なら仕方ないと思えるものです。

ただし、その女性が家族であっても、日頃の彼の行動によっては思わず嫉妬してしまうこともあるので、あなた自身がケースに応じて上手に対処する方法を持っておくのが良いでしょう。

彼が褒めている女性について自分も一緒に褒める

日常で出会う魅力的な女性は大勢いるでしょうし、そんな人を恋人の前でつい褒めてしまうことはよくあることでしょう。

恋愛感情はないとわかっていても、自分以外の女性を手放しで褒められれば、恋人としては穏やかな気持ちではいられないかもしれません。

特に、「可愛くてよく気が利く」とか「知的な美人」など、女性として高く評価する言葉を口にされれば、自分と比較されて言われているような気がしてしまうものです。

ですが、そういうときは嫉妬心を抑えてでも、その女性のことを一緒になって褒めることです。

それによってあなたの心の広さを示すだけでなく、「わたしもそんな女性になりたいわ」と言ってみましょう。

あなたの素直で前向きな態度は、彼に自分の恋人の魅力を再認識させることになるはずです。

2人きりでの食事はしないよう釘を刺しておく

職場の付き合いで食事会に参加することはたびたびあるでしょうし、その場に女性が参加していることも少なくないでしょう。

そんなとき、彼の隣に女性が座っていつも以上に親しく話しかけてくるかもしれません。

あなたもその場にいればいい気分はしませんし、その場にいなくてあとからそのときの状況を他の人から聞かされてもまた不愉快になるでしょう。

とはいえ、それも彼にとっては仕事ですから、あからさまに自分の独占欲をぶつけるわけにはいきませんよね。

どんなにその女性が馴れ馴れしくして彼がそれを拒めなかったとしても、他の大勢がいる場所では大胆な真似はできないはずです。

なので、あまり神経質になって嫉妬する必要はないので、気軽に構えていてください。

ただし、そのときをきっかけに2人だけで食事に行くようなことのないように、「そんなことはしないでね」としっかり彼に釘を刺しておきましょう。

スポンサーリンク

悩み事の相談はその人自身で結論を出すよう促す

女友達に悩み事を相談されていると聞けば、「なぜ、あなたなの?」と問いかけたくなりますよね。

わざわざ自分の彼氏に相談をしなければならないような内容なのか、それとも他の目的があってのことなのか勘ぐってしまっても無理はないでしょう。

でも、彼が優しくて人に頼られると嫌と言えない性格なら、あなたの不安を知りつつも親身になって力になろうとするはずです。

そんな彼を頭ごなしに否定して心が狭いと思われては心外ですから、いっそあなたのほうからどんな悩み相談だったのかたずねてみれば良いでしょう。

もしかしたら、信頼されて相談を受けているから、恋人とはいえその内容を漏らすわけにはいかないと言われるかもしれません。

あなたとしてはさらに嫉妬でヤキモキしてしまうでしょうが、彼には一言だけ伝えておきましょう。

どんな悩み事であっても、結局のところ結論はその彼女が出すしかないということです。

そして、あなたも彼氏を信じていることだけはしっかりと伝えておきましょう。

女性へのプレゼントが必要なときは女性目線であなたが選ぶ

彼があなた以外の女性にプレゼントを買うと聞けば、心穏やかではいられませんよね。

いくら世話になった女性へのお礼だったとしても、あなたとの記念日のプレゼント以上に気合を入れて何にしようと迷っていたら、ちょっとヤキモチを焼いてしまうかもしれません。

そんなときは、ぜひあなたから彼に協力を申し出てみましょう。

彼からその女性のことを聞いて、どんなプレゼントが相応しいか女性目線で選んであげると提案すれば、彼も嫌とは言えないはずです。

2人で彼がお世話になった方へのプレゼントを買うのなら、ヤキモチを焼く必要もなくなりますので、自分の手助けを期待してと彼に伝えてみてくださいね。

その人が喜ぶようなプレゼントを選ぶことができれば、彼もますます恋人であるあなたへの信頼を深めてくれますよ!

他の人への過剰なスキンシップは反対のケースを想像してもらう

相手が男女にかかわらず、彼にしてみればなんでもない日常のスキンシップであっても、恋人から見たときひどく心地悪く感じる場合もあるでしょう。

そんなときはどんなに言葉で言ったところで、彼にはうまく伝わらないかもしれません。

それどころか、いちいち細かいことを気にしないように言われてしまったら、ヤキモチを焼いている自分のほうが悪いみたいな気がしてやるせないですよね。

では、彼にどうやってあなたの気持ちをわかってもらうかといえば、それは同じこと想像してみてと言うしかないでしょう。

恋人であるあなたが彼氏の前で実の兄や弟と抱き合っていたり、親友の女性と必要以上に体を寄せ合って見つめ合っていたら、どんな気持ちがするのか彼に気づいてもらうことです。

きっと彼も冷静ではいられないでしょうし、自分の行動を振り返ってこれからは気を付けようと思ってくれるでしょう。

もしそうでなかったなら、今度は実行に移してみることです。

ただし、彼にあなたの気持ちをわかってもらうことが大切なので、本当に喧嘩にならないように上手に加減をしてくださいね。

まとめ

思わずあなたがヤキモチを焼いてしまう彼氏のNG言動に関して、それぞれのケースにおいて対処法とともにお伝えしましたが、いかがでしたか?

あなたが気にするほど深刻ではないケースでも、ヤキモチを焼いてしまう理由は彼を思う気持ちが強いからこそです。

男の人によってはそういう配慮に欠けている人もいますので、彼の不用意な行動には恋人のあなたが嫉妬心を抱いているという明確なサインを送ることです。

そして、それでも気づかない場合は、素直に自分の気持ちを彼に伝えるようにすれば良いでしょう。

記事のポイントまとめ

・彼が褒めている女性について自分も一緒に褒める
・2人きりでの食事はしないよう釘を刺しておく
・悩み事の相談はその人自身で結論を出すよう促す
・女性へのプレゼントが必要なときは女性目線であなたが選ぶ
・他の人への過剰なスキンシップは反対のケースを想像してもらう

-男性の心理
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ