復縁

復縁までの期間を90日がベストな理由と復縁成就のコツ

「一方的に彼に別れを告げられて気持ちの整理がつかない」「元カレのことが気になって仕方がない」、、、相手から別れ話を切り出され、その時は受け入れたとしても後悔することってありますよね。

できるだけ早く復縁したいという感情に任せて行動すると、復縁できる可能性が低くなってしまうことをご存じでしたでしょうか?

相手との連絡を絶つ冷却期間を置き、二人の気持ちと関係をリセットするとともに、自分の課題と向き合い、自分を磨く努力をすることで、復縁できる確率が大幅にアップするのです。

そこで今回は、冷却期間の必要性と復縁成就のコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

冷却期間の目的とは?

別れた後、元カレと会わないことはもちろん、メールなどの連絡も一切しない期間のことを冷却期間と呼びます。

冷却期間が復縁成就の可能性を左右すると言っても過言ではないほど、復縁において冷却期間は重要なものなのです。

しかし、ただ会わない、連絡をしないで普段通りに過ごすのではなく、冷却期間の目的を意識した過ごし方をしなければなりません。

そこで、冷却期間の目的についてお伝えします。

冷却期間の目的

・気持ちを落ち着かせ冷静になり、判断力を取り戻す
・お互いへのマイナスな印象と嫌悪感を薄める
・復縁のために準備をする

別れた直後は、別れたことを正当化するため、後悔や寂しさを紛らわせるために、あえて相手の悪い所ばかり思い出すものですよね。

相手も同じ状態ですから、あなたへのマイナスの感情でいっぱいの時にアプローチしても、復縁できる訳がありません。

しかし、別れてから少し時間が経つと、相手の良い所が思い出せるようになりますから、そのタイミングを狙うのがポイントです。

意識的に冷却期間を持つことで復縁の可能性がアップしますから、すぐにでも復縁したいという気持ちを抑えて、まずはご自身の気持ちを整理してみましょう。

冷却期間のベストな長さとは

標準的な冷却期間は3カ月、約90日と聞いたことはありませんか?

実は、別れ方や別れた時の状況に応じて、ベストな長さが異なります。

そこで、相手から別れを切り出された時のあなたの反応別に、ベストな冷却期間についてお伝えします。

相手を問い詰めた、大泣きした、別れることを拒否した

相手を好きという気持ちがあると、女性はこういった行動をとりがちです。

別れ際に少し揉めた場合は、3カ月以上の冷却期間が必要です。

相手を叩いた、「死ぬ」などと言って脅迫した、頻繁な連絡や待ち伏せなどのストーカーまがいの行為をした

暴力に訴える、相手を脅迫するなどした場合、彼のあなたへの印象は最悪になっています。

あなたへのマイナス評価を上げることは簡単ではないため、半年以上の冷却期間が必要です。

あっさり別れを受け入れた、理由を尋ねたり責めたりしなかった

別れを切り出した相手も拍子抜けするくらい、あっさりした反応で別れた場合は、冷却期間は1カ月程度でも大丈夫です。

彼の中では、あなたへのマイナス評価よりも喪失感の方が大きくなり、向こうから連絡してくる可能性もあります。

冷却期間は、短過ぎても長過ぎても逆効果ですから、まずは冷静になって別れた時の状況を整理し、ベストな冷却期間を見極めましょう。

別れの原因を突き止める

復縁成就のため、さらに復縁後に良好な関係を維持するためには、本当の別れの原因に気づき、それを改善することが大切です。

別れ際に、別れたい理由をはっきり伝えてくれる男性もいますが、本当の理由は別の所にあったり、理由を伝えられなかったりといったケースも多いのです。

そこで、これからお伝えする男性が別れ話を切り出すきっかけを参考に、元カレの本心を探ってみてくださいね。

男性が別れ話を切り出すきっかけ

・彼女との会話が楽しくない、一緒にいて苦痛
・彼女がわがまま
・彼女の言動に傷つけられた
・彼女に高額の品物をねだられる、デート代などでお金がかかる
・彼女に飽きた
・彼女が自分に依存していると感じる
・他に気になる女性、交際している女性がいる

伝えると相手が傷つくと分かっていることを敢えて言う男性は少なく、できるだけ穏便に別れようと嘘をつく男性も多いものです。

嘘をついた元カレを責めるのではなく、交際中のご自身の言動とそれに対する元カレの反応を思い出し、お伝えした内容に心当たりがあれば、改善していきましょう。

スポンサーリンク

新たな魅力で彼の心を掴む

一度は好きになってくれた相手なのだから、あなたが何の努力もしなくても、また好きになってもらえると考えてはいませんか?

一度上手く行かなかった相手には、やはり不信感や警戒心を持つものですから、もう一度彼を振り向かせるためには、新たな魅力をアピールするのが効果的です。

つまり、外見の魅力を高め、内面を成長させ、元カレの知らないあなたを演出することによって、相手に新鮮な気持ちとあなたへの興味を抱かせることが大切なのです。

そこで、冷却期間中に取り組むべき、自分磨きについてお伝えします。

冷却期間中にすべき自分磨き

・ダイエット
・ヘアスタイルやメイク、ファッションを変えてイメージチェンジ
・資格取得
・趣味
・スポーツ
・語学

自分磨きはあなたの魅力を高めるだけではなく、自分に自信を持てるようになるというメリットもあります。

また、好きなことや新しいことに打ち込むことで、時間を有効活用でき、元カレのことやネガティブなことを考える時間も減りますから、元カレへの依存心やネガティブ思考などの悪い癖を直すこともできるのです。

外見にも内面にも磨きをかけて、久ぶりに会う彼をドキッとさせてしまいましょう。

冷却期間後の復縁アクションの起こし方

冷却期間を経て、ようやく相手に連絡する心の準備ができても、連絡の仕方を間違ってしまうと、復縁は遠のいてしまいます。

まずはメールやラインなど、相手が都合の良い時に返信できる手段で連絡し、何度かのやり取りの後に、実際に会って関係を深めていくのが基本です。

別れてから3カ月も経てば、相手の気持ちも落ち着いていますから、初めの連絡で失敗しなければ、会ってもらえる確率が高まります。

そこで、冷却期間後にメールやラインをする際のポイントや注意点をお伝えします。

冷却期間後の効果的なメールやラインの仕方

・相手が返信しやすい内容で、手短に、明るい雰囲気のメッセージを送る
・復縁を匂わせる内容、謝罪や反省の言葉は不要
・寂しい、会いたいなどの感情的、相手が重いと感じる言葉を使わない
・返信が来るまで新たなメールをしない、返信を催促しない
・返信があってもすぐに返信せず、相手が返信までにかかった時間を空けて返信する

自分の気持ちを押し付けず、相手の気持ちや状況に配慮することがポイントです。

すぐに返信がなくても、相手が多忙、病気療養中、端末のトラブルなど様々な原因が考えられますから、しばらく期間を空けてからまた連絡してみましょう。

まとめ

復縁の成功率が確実にアップする冷却期間の置き方、冷却期間中の過ごし方をお伝えしましたが、いかがでしたか?

復縁したいという気持ちと勢いだけで突き進むのではなく、一度冷静になって、慎重に行動することが復縁成就の近道です。

十分に冷却期間をとり、その間に自分の欠点を改善し、自分磨きをしてより魅力的なあなたに生まれ変われば、元カレにもう一度恋愛感情を持ってもらうことも夢ではありません。

今回お伝えした内容を参考にして、復縁を成就させましょう。

記事のポイント

・冷静になるために冷却期間が必要
・平均的な冷却期間は90日
・本当の別れの理由を知り改善することが大切
・冷却期間に自分磨きをして魅力アップ
・冷却期間後の初メールは明るく手短に

-復縁
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ