カップル

彼氏が愛されていると感じる5つの彼女の言葉と行動

彼氏が愛されていると感じる5つの彼女の言葉と行動

「こんなに大切に思っているのに、彼ったらわたしの気持ちをわかっていないのかしら?」彼の言動を見ていて、そんな不安を覚えたことはありませんか?

恋愛において愛情表現は人それぞれで、情熱的な人もいればクールな人もいるでしょう。

ただ、自分の愛情がきちんと彼に伝わっていないとしたらガッカリですし、これからの2人の関係についても不安になってしまいますよね。

だからといって、急に彼に対する態度を変えるのは難しいかもしれませんが、ちょっとした気配りで相手に気持ちがしっかり伝わるとしたらいかがでしょう。

そこで今回は、彼があなたに愛されていると感じるような言葉の選び方と、実際の行動についてお伝えします。

スポンサーリンク

まずはあなたの彼氏のタイプについて考えてみましょう

女性の愛情表現方法がさまざまなように、それを受けとめる男性のタイプもさまざまです。

そのため、まずは彼氏がどのタイプに属しているか考えてから、相応しい愛情表現方法を見つけましょう。

彼氏の恋愛に対するスタンスにおける4つのタイプ

恋愛に対して常に積極的で情熱的なタイプ

2人でいる時間を大切にしていて、どんなことでも積極的に楽しもうとする彼は、常にあなたをリードしてくれます。

恋愛に対して常に冷静でクールなタイプ

仕事もプライベートでも自分のペースを崩さず、あまり羽目を外すことのない彼ですが、けっして愛情が希薄なわけではありません。

気分によって恋愛へのテンションが変わるタイプ

盛り上がるときは誰よりも張り切るけれど、気分がのらないときはレスポンスも悪く、あなたがいろいろと気遣うこともあるでしょう。

自分なりの特別な恋愛へのこだわりを持つタイプ

あなたが喜ぶと思ってしたことに反応がなかったり、何気なく言った言葉に大喜びしたりと、彼なりのこだわりがあるのですが、そのポイントがわかりにくいのが難点です。

どのタイプの彼氏でも、恋人に愛されていると実感したいのは当然の欲求です。

それなのに、あなたの愛情表現に彼が不満を感じているとしたら、いずれは深刻な状況になるかもしれません。

ですが、今の状況を変えることは可能なので、自分に合う方法で彼への愛を表現してみましょう。

メールの送り方を工夫する

普段から頻繁にメールを送る人もいれば、用事があるときしかメールをしない人もいます。

そして、そんなあなたのメールに対してマメに返信する彼もいれば、そうでない人もいるでしょう。

どちらのタイプであっても、一度あなたからのメールの送り方を変えてみることをお勧めします。

頻繁に挨拶程度のメールを送っていたなら、まずそれをやめて必要なことだけをメールするようにします。

必要なことだけを送っていた方は今までどおりでいいのですが、やはり少しメールの送り方を変えて彼にしっかりと愛情表現をするようにしましょう。

用事があるときしかあなたからメールがこないことに、彼は今まで以上に不安になるかもしれません。

そこで、なんでもないときに「大好きっ!」とか「今すごく会いたい気分」といった、短くてロマンチックな思いをメールで送ってみましょう。

100回のメールよりも彼があなたの愛情を実感することは間違いありませんので、ぜひ試してみてくださいね。

プレゼントの贈り方を工夫する

誕生日や記念日など、彼にプレゼントする機会はたびたび訪れます。

その都度、いろいろと彼の喜ぶものを考えてプレゼントを用意しているかもしれませんが、そんなあなたの気持ちがもっと伝わるように、プレゼントの贈り方を工夫してみましょう。

たとえば、彼の誕生日や2人の記念日がかならずしも休日とはかぎりませんよね。

お互いに仕事が忙しくてその日には会う時間が作れず、後日あらためて一緒にお祝いをしてプレゼントを渡すというのはよくあることです。

もちろん、その計画はそれでいいのですが、彼を思うあなたの気持ちを理解してもらうために、特別な日は少し頑張ってみてはいかがですか?

「どうしても今日のうちに渡したかったの」と言って、遅い時間になっても彼の部屋までプレゼントを届けにいってみましょう。

数日後には会うのにわざわざプレゼントを届けにきたあなたの気持ちは、彼の心に必ず響くはずです。

そして、プレゼントを渡し夜道を帰るあなたを彼が送ってくれたら、きっと素敵な思い出になることでしょう。

スポンサーリンク

彼のための日を作る

休日にデートをするとき、2人で何をしたいか相談して決めるカップルは多いと思います。

そんなとき、ときどき「彼のための日」を作ってあげるというのはいかがでしょう。

特別な日でなくてもいいので、彼が仕事で頑張っていると思ったときや、少し疲れて見えるときなどにそんな日を作ってあげるのです。

「今日はあなたのやりたかったことをなんでも付き合うわよ」と言って、張り切ってみせましょう。

バッティングセンターや釣り堀、少しばかりマニアックなショップや博物館巡りなど、普段は苦手でとても付き合えないと思っているようなことでも一緒に楽しむことです。

食事も居酒屋やファストフードでも、いやな顔をしないで笑顔で付き合ってあげましょう。

あなたのためにお洒落なレストランを予約してくれたり、夜景のきれいな場所にドライブに連れていってくれる彼へのお礼の気持ちを込めて、ときにはそんな一日を作ってあげてください。

彼は自分を理解してくれているあなたに、愛されていることを実感してくれるはずです。

本命であることを常に伝える

あなたにとって他の誰でもなく彼が唯一の恋人だとしても、彼がどこまでそれを理解しているかは別の話になります。

恋人に愛されていると感じる瞬間は人によってさまざまですが、どんなタイプの彼でも自分が特別な存在であると知らされることはとても大切なはずです。

そして、それによって安堵してあなたへの信頼を深め、愛を強く感じるはずです。

あからさまな言葉や行動で特別な存在であると伝えるのは気恥ずかしいし、抵抗がある人もいるかもしれません。

ですが、大袈裟な表現ではなく、素直な気持ちで「出会えてよかった」とか、「これからもずっと一緒にいたいの」といったような自然な言葉で伝えることは可能です。

ぜひあなたなりの言葉でそれを彼に伝えてみてくださいね。

2人の時間を大切にする

付き合いが長くなってくると、もはや2人の間に言葉さえ必要なくなっているカップルもいるかもしれません。

同じ空間にいて、それぞれが好きなことをしながら何も言葉を交わさなくても、以心伝心でお互いの気持ちは伝わっているというのも素敵ですよね。

ですが、2人がそんな関係だと思っているのはあなただけで、彼が不満や不安を感じているとしたら問題です。

2人きりの時間は付き合っているお互いにとって当たり前の時間であると同時に、いつでも特別な時間であるべきです。

彼の機嫌がいいときも悪いときも、あなたはちゃんとそばにいて彼のことを考えていると伝えましょう。

思い出話でも、将来の話でもいいので彼に語りかけてください。

ときには、そっと手を取って握ってあげるだけでも気持ちは伝わりますので、2人きりの時間を大切に過ごすようにしましょう。

まとめ

自分の愛情をきちんと彼に伝えたいと思っている方に、どのような言葉や行動で表現すればいいのかについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

あなた自身の性格や彼の恋愛に対する考え方など、さまざまな要素によって2人の気持ちがすれ違うときもあるかもしれません。

けれど、ちょっとした言葉や行動の変化によって、彼にあなたの愛を確かめてもらうことは可能なのです。

それはけっして疲れるほどの努力や、長い時間を必要とするものではありませんので、上記に挙げた5つの提案の中で自分にできそうなものをぜひ試してみてくださいね。

記事のポイントまとめ

・メールの送り方を工夫する
・プレゼントの贈り方を工夫する
・彼のための日を作る
・本命であることを常に伝える
・2人の時間を大切にする

-カップル
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ