出会い・恋活

よく目があう人と恋愛関係になるのは絶対NGな6つの理由

よく目があう人と恋愛関係になるのは絶対NGな6つの理由

なぜかよく目の合う異性がいますか?

よく目が合う、つまり好意を持ってくれていると思いがちなのですが、実はそうではない場合もたくさんあります。

よく目が合うということは、相手が自分のほうをよく見ているということなのですが、それには好意を持っている場合、そうではない場合とあるので、一概に恋愛関係になるのがよい人というわけでもありません。

ならば、よく目が合う人が自分にどの様な思いを持っている可能性があるのか知りたいですよね?

そこで今回は、よく目が合う人と恋愛関係になるのはNGな理由を、よく目が合う理由と共にお伝えします。

スポンサーリンク

ストーカー気質の可能性

確かに好かれてはいるのですが、相手がストーカー気質だった場合、目の合う頻度はとても上がります。

相手はずっと自分を見ているのですから当然ですが、知らないと「自分に好意があるのかも」と勘違いしてしまいますよね。

ですから、よく目が合うというだけで近づいたり友人になったりするのではなく、相手がどのような人なのかを友人同士で会って確かめてから距離を縮めるようにしましょう。

もちろん興味がなければそのままでOKです。

単なる勘違いの可能性

「好きだから自分のほうを見ているのでは!?」とロマンチックなことが好きな人は勘違いしやすいかもしれません。

しかし、自分がちょっと目立つところにいたり、目立つ格好をしていたり、騒ぎの中心にいるように思われたりしてもしばらくじっと見てくる人はいますし、その人と目が合っているだけなのなら勘違いなのですね。

また、自分のそばにとても魅力的な女性がいつもいるようなら、その人を見ている可能性も大きいのです。

やはりよく目が合うということだけで判断するのではなくて、友人になってみたり食事に行ってみたりして判断するのが良いですね。

好きではなくてむしろ嫌いだから見ていた可能性

嫌いなのに見てしまう、という経験ありませんか?

よく目が合うということは見られているということですが、好意があるからではなくて嫌いだから見ている可能性もあります。

男性が女性を見ている場合は、よっぽど嫌われている可能性が高く、男性は興味のない女性はたくさんいるのですが嫌いな女性というのは滅多にできません。

女性が男性を見ている場合は、男性ほど強烈に嫌っているわけではないのですが、嫌いな場合が多いですね。

スポンサーリンク

睨んでいる可能性

「ガン飛ばしたな!」という言葉から喧嘩になるニュースを聞きますが、相手を睨みつけていて、結果的によく目が合う場合もあります。

さすがにこの場合は表情も苦々しいものでしょうから、よく目が合うのは好意を持たれていてよく見られているからとは解釈しないかもしれませんね。

腹が立ったことをしばらく覚えている人はいるもので、そういう人は相手を見ると思い出し睨みつけてきますが、刺激せずにそっとしておきましょう。

恋愛対象ではなくてライバル視している可能性

会社の同僚に多い関係ですが、切磋琢磨し合う関係においてライバルとして気にしていてよく見てしまい、その結果よく目が合うということがあります。

ライバルなので相手を好意的に見ていることもあり、なかなか恋愛対象なのかただのライバル視なのか判定はしにくいケースです。

その場合、相手のことが気になるのであれば目が合った後に自然にほほ笑んだり、話しかけたりしていくと距離を縮めることができますよ。

敵意をもって見ている可能性

ライバル視ともまた異なり、敵意をもって見ていることもあります。

相手が自分を憎んでいる場合には、復讐の計画有無にかかわらず自分をじっと見て目を逸らしません。

それほど自分に憎しみを持っているのですが、相手が持っている憎しみをどうしたいのかということについては相手の領分ですからこちらは何もしようがありません。

この場合も下手に刺激しないで、遠巻きに位置を確認するにとどめておき、弁解しようとしたり相手の気持ちを聞き出そうとしたりしないようにしましょう。

まとめ

よく目が合うというだけで相手が自分に恋愛感情がある、もしくは自分が相手に恋愛感情がある、と早合点せずに、気になるならば相手の人となりや状態、考えていること、思考を知る努力をしてから判断しましょう。

よく目が合う、ということは自分のほうを相手がよく見ている、ということしか言えず、相手が何を考えて自分のほうを見ているのかまではわかりませんよね。

ぜひ、これを良いきっかけにして素敵な恋愛関係を育み、幸せを引き寄せちゃいましょう。

記事のポイントまとめ

・ストーカー気質の可能性
・単なる勘違いの可能性
・好きではなくてむしろ嫌いだから見ていた可能性
・睨んでいる可能性
・恋愛対象ではなくてライバル視している可能性
・敵意をもって見ている可能性

-出会い・恋活
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ