男性の心理

彼氏が電話に出ない理由に隠された5つの心理と本音

彼氏が電話に出ない理由に隠された5つの心理と本音

今日は休日なのに、、、まだ起きているはずなのに、、、時間を見計らって彼氏に電話をしているのに、電話に出てくれないと不安ですよね。

彼氏があなたからの電話に出てくれない背景には、男性特有の考え方や女性には理解しがたい理由があることを、ご存知でしたでしょうか?

彼氏が電話に出なくても、すぐに相手を疑ってかかるのではなく、相手の状況に合わせた適度な頻度と距離感を意識したコミュニケーションを心がけることで、彼氏との関係を深めることもできるのです。

そこで今回は、彼氏が電話に出ない理由に隠れた本音を明らかにして、電話に出ない彼氏への対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

「折り返すのを忘れていた」

社会人でも学生でも、着信があった時にちょうど電話に出られない場所にいた、手が離せなくて電話に出られないといったケースは、決して珍しいことではありません。

その時は後で折り返そうと思っていても、何かをしている間に忘れてしまうことってありますよね?

このように、うっかり忘れてしまうことは誰しもあることですから、たとえ忘れられたからといって、「私のことはどうでも良いのね」などど彼氏を一方的に責めるのはNGです。

仕事がとても忙しかったり、何か悩みや考え事で頭がいっぱいであったりすると、他のことは忘れやすくなります。

もし、彼氏が疲れている、何だか元気がなさそうな様子であれば、相手を責めるのではなく、ねぎらいの言葉をかけてあげましょう。

「着信に気づかなかった」

先程お伝えした、「折り返すのを忘れていた」と同様に、いかにも言い訳っぽい理由ですよね。

しかし、いつの間にか眠ってしまったり、何かに集中していたりすると、マナーモードにしている場合は特に着信に気づきにくいものです。

また、男友達と会っている時や仕事関係の飲み会の席などでは、たとえ着信に気づいたとしても電話に出ないことにしている男性は多く、それは社会人のマナーでもありますよね。

もし、あなたが人と会っている時に、緊急でもない着信が何度も入ったり、相手に何度も携帯やスマホをチェックされたりしたら、、、嫌な気分になるのではないでしょうか。

電話に出ない=女と一緒にいるに違いないという考え方はせずに、相手のプライベートを尊重するようにしましょう。

「充電が切れそうだった」「充電が切れた」

バッテリーが残り少ない、、、携帯が仕事の必需品という方であれば、プライベートでの連絡は最小限にして、仕事用にバッテリーを残しておこうとします。

すぐに何か隠し事があるに違いないと考えるのではなく、相手の仕事や状況にも理解を示すことが大切です。

とは言っても、何度も充電が切れそうで電話に出られなかったと言われると、疑ってしまいますよね。

電話をかけてみれば本当に充電が切れているかは分かりますから、「充電が切れた」は嘘がばれやすい言い訳です。

それでも彼氏からこの言葉が出てくるのなら、実は彼氏はあなたからの電話に出たくなかったのかもしれません。

とは言っても、浮気やあなたへの愛情が冷めたのが原因ではなく、彼氏の性格や考え方が、電話に出ない理由に関係している可能性もあります。

そのため、まずは電話の回数を減らす、メールなど返信しやすい連絡手段での連絡を心がけるなどして、彼氏の心理的な負担を減らして様子をみましょう。

スポンサーリンク

「携帯を家に忘れた」「手元に携帯がなかった」

外出の際に、うっかり携帯を家に忘れてしまうことってありますよね。

また、自宅にいる時、肌身離さず携帯を持っているという方もいる一方で、その辺に置きっぱなしにしている方も少なくないのです。

携帯がいつも手元にないと不安を感じる方は多いですが、一人でゆっくり過ごしたい時は、携帯が近くにあると落ち着かないこともあります。

あえて携帯を手元に置いておかなかったのなら、相手に関わらず電話に出たくなかった可能性もありますから、「私を避けている」と決めつけてはいけません。

「きっと仕事で疲れているのだ」「一人の時間を大切にしているんだな」と思うようにして、ネガティブになりがちな思考を転換し、相手をいたわりましょう。

隠れ電話嫌いの彼氏への対処法

プレイベートでもビジネスでも、携帯やスマホは便利なコミュニケーションツールですよね。

一方で、20歳代、30歳代の若い世代ほど、通話よりもメッセージ送信、つまりLINEやメールの利用頻度が高く、電話はするのも受けるのも苦手という方も増えています。

実は、たとえ恋人であっても、電話で話すのは苦手という男性は多いのです。

しかし、電話をしてくれるあなたに遠慮して、電話が苦手・嫌いとはっきり言わずに、よくある言い訳でごまかす方も少なくありません。

そんな時は、あなたが彼の本心に気づいてあげることが大切です。

電話もメッセージのやり取りも面倒、苦手という男性もいますが、メッセージのやり取りならば大丈夫な男性もいます。

携帯やスマホの使い方、人とのコミュニケーションの取り方は人それぞれであることを念頭に、お互いが満足するコミュニケーション法を模索していきましょう。

まとめ

彼氏が電話に出ない時のよくある言い訳と、その受け止め方についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

彼氏が電話に出ないからと言って、あなたへの愛情が冷めてしまったと考える必要はありません。

もちろん、同じ言い訳が何度も繰り返される、電話以外のコミュニケーションでも違和感を感じる場合には何らかの対応が必要です。

しかし、電話が苦手な男性も少なくありませんから、彼氏の性格やプライベートを尊重する姿勢が大切です。

彼氏の電話に出ない理由が言い訳だと感じても、疑心暗鬼になるのではなく、相手の状況や気持ちを思い遣り、適切な距離感でのコミュニケーションを心がけましょう。

記事のポイントまとめ

・折り返し忘れは多忙や考え事が原因の可能性も
・仕事中や男友達といる時は着信を無視する男性も多い
・充電切れの嘘の背景には精神的な負担も
・休みたい、一人でいたいというサイン
・電話以外のツールの活用も検討すべき

-男性の心理
-

© 2020 ラブ☆シンクロニシティ